참여+나눔 더불어 사는 따듯한 부평



弓矢匠

パク・ホジュン

パク・ホジュン

  • 1944年1月14日
  • ウォンジョク路265(山谷洞)
  • 指定日:2008年5月7日

「弓矢匠」は、弓と矢をつくる職人です。弓をつくる職人を「弓匠」、矢をつくる職人を「矢匠」と呼びます。パク・ホジュン先生は、特に矢をつくる矢匠に属します。
弓は先史時代から、火薬兵器が出現して以降も使われてきました。韓国では中石器時代の細石器類である矢先が出土し、すでに原始社会で狩猟道具として広く使われていたことを知ることができます。 現在伝えられている文献や出土した遺物などから、韓国の弓矢の歴史は先史時代までさかのぼり、その当時から使用されてきた弓と矢の種類は実に多岐にわたります。矢は大きく分けて、木箭や鐵箭、禮箭、片箭、柳葉箭などの種類があり、重さと用途によって違いがあります。
制作時に使用される主な材料は、ハギの木や竹の木、鉄、筋、심줄、鳥の羽、桃皮、膠などです。

沿革

  • 1981年~2000年 : 大韓民国伝承工芸大典出品奨励賞など入賞17回
  • 1997年 : 日本巡回展示及び保有者作品展
  • 2001年: 国家保存重要無形文化財記録会事業参加

자료관리 담당자

  • 담당부서 :
  • 담당팀 :
  • 전화 :

만족도 평가

결과보기